<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 菅直人首相は8日の会見で、民主党の小沢一郎前幹事長の「政治とカネ」の問題に関し、「幹事長を辞任することは一定のけじめではある」と述べ、小沢氏の証人喚問や衆院政治倫理審査会への出席を求める野党側の主張に応じることに慎重な姿勢を示した。

 仙谷由人官房長官も8日夜の会見で「ルール上、本人が希望しない限り開かれない。首に綱をつけて連れていくようなことはあり得ないし、あってはならない」と指摘した。

 一方、前原誠司国土交通相は9日未明の会見で「秘書が3人逮捕された事実は重い。政倫審出席をうやむやにすると『けじめをつけないで(首相と幹事長という)看板だけ替えた』という批判に耐えられない。出席して堂々と主張される方がいい」と小沢氏の自発的な出席を求めた。【坂口裕彦】

【関連ニュース】
菅内閣:政策の行方は? 公約見直しも視野
菅首相:取材対応も「改革」 新役職新設の可能性も示唆
菅首相:「奇兵隊内閣」…自ら命名
菅内閣発足:野党、警戒感強める…世論の支持高く
菅内閣発足:「将来像描いて」 脱貧困に願い切実

新首相動静(6月6日)(時事通信)
鳩山内閣が総辞職(読売新聞)
容器もエコ、自販機でチルド飲料 コカ・コーラ、大阪・神戸限定(産経新聞)
「願いかなう」いすに行列 神戸・北野異人館(産経新聞)
日本科学未来館 12日から「ドラえもんの科学みらい展」(毎日新聞)
[PR]
by ywxqldddca | 2010-06-11 22:42
 宮崎県で猛威をふるっている豚や牛の伝染病、口蹄(こうてい)疫。宮崎県から子牛が出荷できず、子牛を育てられないことから各地のブランド牛にまで大きな影響が及ぶことが必至の情勢となってきた。「ひとごとではない」。口蹄疫問題で揺れるブランド牛の飼育現場からは不安の声も漏れる。東京都あきる野市でブランド牛「秋川牛」を育てる牧場を訪ねてみた。(高橋裕子)

 JR小作(おざく)駅=東京都羽村市=からバスに揺られて10分。都内とは思えないのどかな田園風景が広がる中に「秋川牛」を育てる肥育農家、竹内孝司さん(69)の牧場はある。

 畜舎には体長170センチはあろうかという牛が、さくで区切られたスペース内で8頭ずつゆったりと横たわっていた。畜舎独特のにおいはせず、ひのき風呂のような木の香りがする。床に敷かれたおがくずの香りだ。

 「床が汚れると牛は立ちっぱなしですが、清潔だから横になれる。おがくずには消臭効果もあります」。竹内さんの長男、孝英さん(40)は説明する。

 買ってまもなくの若い牛は広い畜舎にまとめられるが、出荷前にはさくで区切られた1頭分の“個室”に転居。「区切られていない畜舎のほうが掃除も楽ですが、出荷前には余計な消耗をさせずに体内に脂を蓄えさせて仕上げる」(孝英さん)のだそうだ。

 ◆平均6万円上昇

 竹内牧場は、子牛を買って独自ブランド「秋川牛」に育てる肥育農家だ。この牧場で育ち、日本食肉格付協会の格付けで、上から2番目のA4等級以上を獲得した肉を秋川牛としている。口の中でさらっと溶ける脂が持ち味だ。

 常時約300頭を20カ月ほど肥育し、年間約180頭を出荷。餌は栃木県産の稲わらが唯一の国産で、台湾産のサトウキビの搾りかすなどを与える。

 宮崎県から遠く離れているが、口蹄疫は「ひとごとではない」と竹内さん。「離れていても感染するかもしれず、戦々恐々です」。定期的な出荷には常に新しい子牛が必要だが、子牛の名産地である宮崎県のほか九州地区の競りがストップし、ほかの子牛市場が高騰することへの懸念もある。

 竹内さんは年10回程度、岩手県の岩手中央家畜市場の競りに参加し、1回20〜24頭の子牛を購入する。5月19日から3日間の競りでは、「見たことのない人が大勢いた。1頭当たり5万円ぐらい高かったが、数をそろえたいので、いつもよりランクの低い牛を調達せざるを得なかった」。

 農畜産業振興機構によると、この競りの平均価格は前年同時期の1・18倍で約6万円上昇。同機構が20日までにまとめた5月の全国の子牛1頭当たりの平均価格は、前年比8・6%高い約39万円で、全国取引頭数も前年の2割に満たない。

 ◆不況も追い打ち

 ただでさえ、日本の畜産はコスト高だ。豚や鶏なども含めた日本の飼料の自給率は29%と低く、飼料を自国で調達できる米豪などに比べコストがかかる。

 長引く不況も追い打ちをかける。竹内牧場ではおがくずを富山県の木工業者から購入するが、不況で住宅など木工の需要が冷え込み、おがくずの量が減って価格も上昇したためだ。

 金をかけて育てても、出荷の際に高級肉でも高値がつかない。竹内さんの場合、子牛を35万〜50万円で買って肥育し、100万円以上で出荷するのが目標だが、最近は85万円程度で売れるのがやっとだという。

 「よほど動物好きで、金勘定ができない人しかやっていけないよ」と竹内さんは苦笑いする。安い外国産牛肉に対抗するには、日本の畜産の飼育コストを下げることが肝要だが、口蹄疫の発生で実現はさらに遠のいたといえそうだ。

【関連記事】
赤松農水相、殺処分の週内終了を宮崎県に指示
首相、宮崎訪問検討を表明 口蹄疫問題で「激励も込めて」
経費かかるブランド和牛の肥育現場 口蹄疫ショックが追い打ち
ダル夫人の紗栄子、宮崎に300万円寄付
巨人「がんばれ宮崎」支援活動
iPadが上陸

<米軍岩国基地>新滑走路の運用開始 厚木の59機が移転(毎日新聞)
地域ケア研究会報告、「施設解体」と懸念―全国老施協・中田会長(医療介護CBニュース)
自立更生促進センター 反対署名4万人、見切り稼働 福島(毎日新聞)
梅若小児童が梅の実を収穫 墨田区(産経新聞)
九電工中傷ビラで組員逮捕、九州誠道会捜索(読売新聞)
[PR]
by ywxqldddca | 2010-06-02 00:25
←menuへ