規正法改正、公明案に否定的=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は9日午前の記者会見で、秘書が政治資金収支報告書に虚偽記載をした場合に議員本人の公民権を停止させる政治資金規正法の改正を公明党が唱えていることについて「(秘書に)意図的にそういうことをされてアウトとなると、非常に難しい問題が起こってくることも想定される」と述べ、否定的な考えを明らかにした。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「政治資金収支報告書の虚偽記載罪」
小沢氏の記者会見要旨
衆院予算委の詳報
自民、与党分断へ社民に矛先=首相は公明に秋波
秘書起訴「事実は重い」=鳩山首相

1万2000円相当も!高級チョコ無料配布にOL大喜び 女子応援イベント(産経新聞)
雅子さま「良くなられた」…東宮職医師団(読売新聞)
<奈良診療報酬詐欺>山本被告と医師逮捕、患者出血死の疑い(毎日新聞)
<長崎県知事選>過去最多の7人が立候補を届け出(毎日新聞)
<鳩山首相>政倫審への出席、小沢幹事長に委ねる(毎日新聞)
[PR]
by ywxqldddca | 2010-02-13 03:41
←menuへ