七草がゆで新型インフル退散! 阪神百貨店の恒例行事(産経新聞)

 一年の無病息災を祈る七草がゆが7日、大阪市北区の阪神百貨店で振る舞われ、出勤途中のサラリーマンや家族連れが舌鼓を打った。

 今年で23回目。大阪府東大阪市の石切神社で無病息災のおはらいをした米と、奈良県産のセリやナズナなどの七草をみそ味のかゆに仕立てた。

 午前8時の開始までに、地下の食料品売り場前には約100人が列を作り、用意した約500食は1時間ほどで底をついた。

 昨年は新型インフルエンザに感染したという大阪市北区の中学1年生、矢倉大夢(ひろむ)君(13)は「甘みがあって家で食べるのよりもおいしい。今年は健康に過ごしたい」と話していた。

【関連記事】
寅年といえば!「タイガース福袋」朝7時半前に“完売”
阪急阪神HD、高知県と龍馬キャンペーン実施
城島ジャージ、阪神百貨店で緊急発売
大阪の百貨店売上高9・5%減
売上高前年割れも下げ幅減少の兆し 近畿百貨店協会調査

もうすぐ1年薬剤師奮闘記
みつはるのブログ
2ショットチャット
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
[PR]
by ywxqldddca | 2010-01-14 14:34
←menuへ